Rebusfarm Newsticker Latest
Project Phoenix: Now 50% GPU Price Cut! +++ Check our blog for details! +++

クラウドレンダリングのためのRebusFarm TeamManager

私たちの新機能により1つのマスターアカウントを使用してクラウドレンダリンダリングを管理できます。

既存のRebusFarmユーザーとして、「MyRebus - TeamManager」に移動すると、サブユーザーアカウントを作成して、チームメンバーを追加および管理できます。したがってRebusFarmにまだ登録されていないメールアドレスを入力する必要があります。

追加すると、チームメンバーはマスターアカウントに保持されているRenderPointsを使用できるようになります。しかし心配はいりません。すべてがあなたの管理下にあります。マスターアカウントマネージャーとして、新しいメンバーの追加、アカウントのアクティブ化または非アクティブ化、支払いと請求書の管理を行えるのはあなただけです。

TeamManagerを使ったクラウドレンダリング

チーム向けの完璧なクラウドレンダリングソリューション

ControlCenterのレンダリングジョブに移動して、サブユーザーのレンダリングジョブの進行状況を確認します。一部の機能へのアクセスは制限されていますが、サブユーザーはもちろんRebusDropサポートチームがサブユーザーを追加します。

RebusFarm TeamManagerは、プロジェクト作業に必須のソリューションであり、コラボレーションクラウドレンダリング用の3Dスタジオです。

 

チームユーザーの権利

ユーザー権利 マスターアカウント サブユーザーアカウント
サブユーザーアカウントを作成/アクティブ化/非アクティブ化 クラウドレンダリングのためのアカウント  
サブユーザープロフィールを編集   クラウドレンダリングサブユーザーを編集
支払いと請求へのアクセス クラウドレンダリングの支払いと請求書  
すべてのサブユーザーアカウントの概要 クラウドレンダリングのためのサブユーザーアカウントの概要  
アップロード、ダウンロード、自身のレンダージョブの管理 自身のクラウドレンダリングジョブの管理 自身のクラウドレンダリングジョブの管理
チームにRenderPointsを購入 クラウドレンダリングチームにRenderPointsを購入  
チームのRenderPointsを使用したクラウドレンダリング あなたのチームのRenderPointsを使用したクラウドレンダリング あなたのチームのRenderPointsを使用したクラウドレンダリング
各レンダリングジョブと各ユーザーが費やしたRenderPointsの概要 クラウドレンダリングのために各ユーザーが費やしたRenderPoints  
自身のレンダリングジョブに費やされたRenderPointsの概要 クラウドレンダリングに自分で費やしたRenderPoints

クラウドレンダリングに自分で費やしたRenderPoints

 

TeamManager よくある質問

サブユーザーはログインできません。

マスターアカウントは、アクティブ化されたアカウントのタブ「TeamManager」を確認する必要があります。上記のアカウントが有効化されていない場合は、そこで設定を変更します。


マスターアカウントユーザーとして、チームメンバーのジョブを管理できますか?

いいえ、これは現在不可能です。


サブユーザーはクラウドレンダリング用にRenderPointsを購入できますか?

マスターアカウントのみがクラウドレンダリングチームに支払いを行うことができます。


既存のRebusFarmユーザーをサブユーザーとして追加できますか?

いいえ、サブユーザーは、RebusFarmアカウントにまだ登録されていない電子メールアドレスを使用している必要があります。


サブユーザーアカウントのメールアドレスを完全なRebusFarmアカウントとして使用したいのですが「電子メールアドレスがすでに使われています。」と表示されます。どうすればいいでしょうか?

アカウントを変更するには、サポートチームにお問い合わせください。

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.
More information Ok